エンディングノートを書こう

エンディングノートを書こう

エンディングノートは市販のものでも、自分のお気に入りのノートでもなんでも構いません。

 

エンディングノートは、遺言状とは違い、法的な効力はありませんので、その点は注意が必要ですが、
汎用性が高く、家族や自分の身の回りの人に自分の希望を伝えるための有力なツールです。

 

エンディングノートは今後の人生の道しるべ

 

エンディングノートの意味
  • 大事な記録、自分思いを伝えるため
  • 具体的な希望を周囲に伝える

 

遺言状との違い
  • お手軽に書ける
  • これまでの人生の見直し
  • 残りの人生を考える
  • 医療、介護者からの理解を得られる

 

元気な時に正しい判断のもと、希望を書いておくことが大切

 

エンディングノートに書く内容

 

  • 経歴やこれまでの人生
  • 希望する医療、介護
  • 希望する葬儀やお墓
  • 財産、保険などの資産リスト
  • 万が一の連絡先
  • 遺言書

 

何度でも書き直せるから便利

 

書き方についてはルールはありません。
基本的に好きなように自由に書いて結構です。
まずは書いてみて、その後、専門家のアドバイスに沿って書き直すことも一つの方法です。

 

自分の過去の人生

 

エンディングノートは、自分そのものです。
好きなもの、自分自身の性格、生活スタイルなど、振り返りながら、楽しみながら書きましょう。

 

  • じっくりと慎重に
  • 情報を端的に伝える
  • 思いを書く
  • 手軽に書く